葉生姜を使った料理

この前、葉生姜っていうものをもらってきました。
根っこの部分に小さめの新生姜でその上にながーい緑の茎?いやいや葉っぱがついている。
その緑の葉っぱの部分がなんだかとても硬くてどうやって食べるのだろうって思っていました。

生姜の部分はやわらかいし細身なので、そのまま酢味噌とかマヨネーズをつけて食べてみた。
結構ピリリ感が強くて大人のおつまみって感じ。季節感は感じます。
この食べ方ばかりでは飽きてしまうので次は生姜部分と茎も少しつけてそれにくるくると薄切りの豚肉を巻きつけて
ごま油で焼いてみました。

見た目もスティック状になっておつまみっぽいし、豚肉と生姜の焼いた味がうまい!
ちょっと味噌をつけたり、七味を振って食べるとビールにはぴったりでした。
そしてまだまだ残っている茎・葉の部分は繊維質がしっかりしているので細かく切って油揚げと一緒に炒めて白ごまをかけると
また一つ「和」のおかずになりました。

はじめて出会うものを調理するってドキドキするけれど、なんでもおいしく食べることできるもんですね。
ん?失敗作もありますが・・・。