パソコンと携帯の中間にあるものスマートフォン

昨今、スマートフォンを持つ人が多くなりましたね。
2013年には「二人に一人はスマートフォンを所持している」との調査結果が報告されています。

スマートフォン、通称「スマホ」。
多くの機能を持つ小さなタッチパネルの機械。

しかし今、「スマホからガラケーに戻る人」も多くなっているようです。

ガラケー――ガラパゴス携帯の略で、スマートフォン以前の携帯電話全体を指す言葉のようです。

では何故、スマフォからガラケーへ戻す人々が増えているのでしょうか。
筆者が情報を集めたところ、以下のコメントが多く見受けられました。

”メールを打ちづらい”
”電話しづらい”
”使用料が一気に高くなった”
”こんなに多くの機能はいらないし使わない”

このコメントから言えることは、
スマホをガラケーと同一視している方が多い、ということでは無いでしょうか。

スマートフォンは携帯ではありません。
かといって、パソコンでもありません。

では、何なのか?

それは新たに開発された機械”スマートフォン”です。

パソコンで行う業務を外出先で多少補うことができ、従来の携帯電話番号とメールアドレスが使用できる機械、それがスマートフォンです。

ですが、それを知らずに他が勧めるがままに購入し、結局、使いづらくて元に戻してしまう人々が多くなってしまった結果のようです。

しかし、若い人には魅力的なこの商品。
今後スマートフォンがどのように変化していくか、楽しみですね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です